ホワイトデーのお返しプレゼントに関する情報総合サイトです。

■ホワイトデーのお返しに下着はありえない!

一時期、ホワイトデーのお返しに下着をプレゼントするのが流行りました。

デパートのお菓子コーナーにも、下着付きのクッキーなどが500円くらいで販売されていて、見本用に飾られた下着を見てドキドキしたこともあります。しかし、男性同士ならともかく、恋愛要素のない男女の間での下ネタというのは、多くの場合女性がドン引きしてしまいます。好きでもない相手からエロい下着を貰っても、気持ちが悪いだけですよね。どんな意味があってこれをくれたのか?と、悩んでしまいそうです。

付き合っている彼女に、特別な夜に身につけて欲しい…という意味でプレゼントするのであれば、多くの場合は受け入れられるでしょうが、友人同士や同僚間で、下着を贈るのはやめた方がいいでしょう。下着ではなく、レースの上品そうなハンカチや、化粧ポーチなどがセットになったお菓子もあるので、お菓子の他に何かプレゼントしたいときは、商品を良く選んだ方がよさそうです。

■コンビニでお返しを買うな!

今ではどこへいってもコンビニがあり、季節によっては様々な商品を買うことができます。

ホワイトデーがちかくなると、お返し用のお菓子が売られており、義理ならこれでもいいかと思ってしまいがちです。でもコンビニで売られているものというのは、誰にでも目に入るもので、値段も分かってしまいます。「あの人がくれたお返しは、コンビニで買った300円のクッキーだった」と気づかれては、相手をがっかりさせてしまいます。ちょっと面倒でも、近くのデパートやスーパーへ行って購入するようにしましょう。

デパートでなくても、大きなスーパーなら、必ずホワイトデーコーナーがあります。価格は義理ならば500円以内で充分ですが、中身よりも見た目のかわいさを重視して購入することをおすすめします。

■お花でもいい!

母の日に、カーネーションを1本プレゼントするように

ホワイトデーにお花のお返しでも良いと思います。例えば、ガーベラを1本とか、バラを1本でもいいです。それをお返しだと言って配って歩くのも素敵ですよね。ちょっとキザかもしれませんが、印象に残るので、「お返しを渡した!」という存在感はたっぷりだと思います。とくに殺風景な職場でのお返しにはピッタリかもしれませんね。 また、奥さんへのホワイトデーに、お花をプレゼントするのも良いです。花束である必要はありません。3本くらいの花で充分なので、簡単にラッピングして、小さなブーケにしてもらってください。金額的には1500円もあれば、立派でかわいいものが出来上がるはずです。

おすすめサイト

ホワイトデー情報

こんなお返しでは絶対に失敗する!失敗例
女性が嬉しいと感じたサプライズについて
特別なスイーツをプレゼントしませんか?
一番大事なのは、やっぱり思いやりの心です
ホワイトデーの記念に残るデートについて