ホワイトデーのお返しプレゼントに関する情報総合サイトです。

■これは失敗する!ホワイトデーのお返しとは?

ホワイトデーに何をプレゼントしようか、女性が考えている以上に、男性は悩んでいるようです。

何も考えずにテキトーなお返しをすると、相手の気を悪くしてしまうことがあるので、最低限のマナーはしっかり守りたいですよね。

●まず、相手がくれた商品よりも、見るからに金額が安そうな品物をお返しに渡すのは印象が悪いです。3倍返しとは言いませんが、同等の価値がある商品を選んでください。金額的に、義理チョコの金額は600円以下が相場です。中身は普通でも、見た目的にかわいいものを選ぶと喜ばれますよ!

●次に、お菓子ではなくハンカチなどの商品でお返しする場合は、店員さんに人気があるものをきちんと聞いたり、相手が普段持っている小物のカラーなどをしっかりリサーチしてから買ってください。これもテキトーに選んだものでは、相手をがっかりさせてしまうだけです。

●いくら相手のことが好きでも、下着をプレゼントするのは絶対にやめましょう。付き合っている人同士なら許されますが、好きでもない人から下着をプレゼントされたら、女性は誰だってドン引きします。同様に、アクセサリーのプレゼントも控えてください。チョコのお返しが高価すぎるものだと、下心があるのでは?と女性は警戒してしまいます。義理チョコのお返しは、あくまでもお菓子でさりげなく!

●職場の女性たちへのお返しに、箱詰めの大きなお菓子を買って「みなさんで食べてください」というのもNGです。相手が個別にチョコをくれたのなら、同様に個別にお返しをするのが礼儀です。

■気持ちがこもっているかどうかは、すぐに分かる!

例えばもらったチョコが、ただの板チョコで

ラッピングもなにもなかったとしたら、あなたはどう思いますか?貰わない方がマシだと感じたり、ちょっと嫌だなと思ったりしませんか?見るからにいい加減な態度で渡されるプレゼントほど、嬉しくないものはありません。それは女性だって同じです。ホワイトデーを忘れていて、お返しを用意していなかったときは、お花屋さんで、1本ずつお返しする花を買ったり、相手をランチに誘ったりして、「忘れていた」ということがバレないような工夫が必要です。

またコンビニで買ってきた間に合わせのものも印象が悪いです。例えば仕事帰りに、奥さんや娘さんに渡すものなら、コンビニで買ったものでも喜ばれると思いますが、職場の女性たちや本命の彼女には通用しません。やはりプレゼントをするときは、「相手を喜ばせよう」とする、気持ちが一番大事なのだと思います。

おすすめサイト

ホワイトデー情報

こんなお返しでは絶対に失敗する!失敗例
女性が嬉しいと感じたサプライズについて
特別なスイーツをプレゼントしませんか?
一番大事なのは、やっぱり思いやりの心です
ホワイトデーの記念に残るデートについて