ホワイトデーのお返しプレゼントに関する情報総合サイトです。

■ホワイトデーとは?

バレンタインデーとはそもそも日本のチョコレート会社らが結託して、

チョコレートの消費率を増やそうと作った日です。愛する人にチョコレートのプレゼントを!というキャッチフレーズが印象強かったらしく、業界の方々が考えていたよりも、意外と早く定着したようですね。そこで、女性が男性にお菓子を贈る日があるならば、そのお返しに、男性が女性にお菓子を渡す日を作ろう!…と、今度は日本の飴会社らが企画し、ホワイトデーなるものを作ったそうです。飴会社らが始めたことなので、当然ホワイトデーにメインとして消費させたかったのは、キャンディーなのですが…最近はキャンディーを贈る人なんて、ほとんど見かけませんよね。

ホワイトデーのお返しとして定番商品となったのは、1位がクッキー、2位がマシュマロ、3位は逆チョコという言葉の流行でチョコレートがランクインしています。デパートのホワイトデーコーナーにも、キャンディー商品はほとんどみかけません。つまり、始めたのは飴会社らであったものの、彼らの作戦は失敗だった…ということではないでしょうか。

ホワイトデーをキャンディーの日にしようという計画は、実に様々な企画と共に打ち出され、当時それを定着させようと動いていた人たちは、かなりの苦労をしたと聞きます。一時期はキャンディーを購入する人が増え、消費率が上がったようですが、おそらく現在はホワイトデーと聞いてキャンディーを思い浮かべる人は少ないでしょう。

■心無い女性も確かにいます…よね…

最近の女性は、バレンタインのお返しなんていらないわ~という人が増えてきましたが

まだまだ他人から物を貰うことを目的にチョコを配っている女性もいるようです。あの手この手を使って、相手に本命チョコだと思い込ませ、お返しに高価なものをねだり、貰った後は知らんぷり…という心無い女性も、ごくごく少数ではあるものの、確かにいるようで、ホワイトデーのお返し制度に腹を立てている男性も少なくありません。

バレンタインなんて…ホワイトデーなんて…と、興味なさそうにしている男性もいると思いますが、やはり情報収集は大事です。シーズンになったら、ネットなどで人気のチョコレートについて調べてみてください。貰ったチョコレートが人気商品であったなら、同じく女性に人気のお菓子をお返しにすると印象が良いと思います。お菓子のイベントなんて興味ない、面倒くさい、そう言わずに参加してみると、意外と女性たちの心理が分かって面白いかもしれませんね。

おすすめサイト

ホワイトデー情報

こんなお返しでは絶対に失敗する!失敗例
女性が嬉しいと感じたサプライズについて
特別なスイーツをプレゼントしませんか?
一番大事なのは、やっぱり思いやりの心です
ホワイトデーの記念に残るデートについて